info@nameken.jpn.org

入会案内

一般社団法人なごやメディア研究会(なメ研)の公式サイトです

会員制度と会費

会員は大きく分けて次の4種類とします。

① 正会員    年会費5,000で、各例会費は無料。例会の中継映像の閲覧権を得る。その他、研究会が扱う書籍などを割引価格で購入できる。

② メディア会員 上記年会費に特別会費を加えて年額10,000。正会員の特典に加えて取材用機材を優先的に、割引価格で利用できる。また、取材費補助の優先対象者となる。正会員が有効期限内に特別会費を支払えば、その時点からメディア会員として1年間の資格を持てる。

③ 賛助会員   例会出席ごとに、その都度決められた会費をその場で収める。

④ 法人会員   この事業を賛助する法人を対象に、年額40,000円と年額70,000円の2コースで会員を募る。年額40,000円のコースでは従業員5人までが例会に自由に参加でき、研究会の各種有料サービスを3割引で利用できる。年額70,000円コースでは例会参加が10人まで、各種サービス利用料は5割引とする。チラシや公式サイトに企業名などを記載する。損金算入など税制優遇が活用できる。

※なお、法律上の「社員」は正会員とメディア会員とし、「社員総会」での議決権を持ちます。

・なメ研会費規定(PDF)

正会員とメディア会員には特製スタンプカード形式の会員証を発行します。初年度は動物写真家・小原玲さんのアザラシ写真が表紙!

2年目の表紙は川柳雅裕理事が撮影した東山動物園の人気者ゴリラ、シャバーニの勇姿!

 

取材費補助と機材の共有

法人化に伴う新たな事業として、主に個人(フリーランス)の取材活動への支援を始めます。大きく分けると次の2種類です。

① 取材費補助 法人の理念、目的に沿って活動をする取材者に、その経費(交通費や印刷費など、別にガイドラインを定める)を補助する。当面は経費の出ない、あるいは制限のあるインターネット媒体の記事を執筆する場合と、発表媒体は未定だが、公益に値する調査報道の取材に当たる場合に限り、1人年間40,000円を上限とする。ただし、大災害の発生など緊急性があり、寄付金などの追加収入が見込める場合は、臨時社員総会の開催を経て上限を引き上げられる。また、経費請求は理事の承認を経て行い、年間の支出明細は社員総会で報告、不適切な支出は返還を求められる。

② 機材の共有 生中継機材やドローンなど、新しい取材用の機材を購入、保管し、共同で活用する。機材によって1回ごとにレンタル料を徴収するが、メディア会員は優先的に割引料金で利用できる。

・なメ研取材費補助規定(PDF)

・なメ研取材費補助費目ガイドライン(PDF)

 

ご入会手続き

以上をご理解いただいた上で、正会員とメディア会員に入会ご希望の方は、申し込みフォームに必要事項をご記入し、申込日(送信日)から1カ月以内に以下の口座に年会費をお振り込みください。会員資格は原則、振込日から1年後の月末まで有効。有効期限内に退会の申し出がない場合、会員資格は自動的に継続されます。

法人会員ご希望の方は直接ご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

【振込先口座】

三菱UFJ銀行 黒川支店 (店番216) 普通0243938

シヤダンホウジン ナゴヤメデイアケンキユウカイ

※振り込み手数料はご負担ください。

役員などメンバー、過去の例会講師はコチラでご確認を